フォト

レインボー・ホームの子供たち

  • 05 訪問2011/2
    レインボー・ホームで暮らす子供たちの写真です。
無料ブログはココログ

« ワールドカップ開催!!そして世界の子どもたち | トップページ | レインボー国際協会総会・マザーテレサ映画上映会・講演会そして… »

2010年6月25日 (金)

総会・マザー・テレサの映画上映&千葉茂樹監督講演会

梅雨の晴れ間の6月20日(日)、レインボー国際協会の通常総会が広尾のJICA地球ひろばで開催されました。昨年度の事業報告と会計報告、今年度の事業計画と予算報告のあと、現地コルカタ滞在の井上須美子理事より、詳しい現地報告がなされました。勉強嫌いや成績・素行のよくない子どもたちへの対応だけでなく、まず働いている現地スタッフたちを教育しなければならない難しさ、国民性の違いから来る誤解、信頼して任せたくともできない現実・・・報告を聞きながら、改めてこの活動の大変さを実感しました。ただ、最近とてもホスピタリティに溢れたインド人女性が、英語の家庭教師として雇われたそうです。厳しくも優しいソニアさんは、小さい子どもたちからはよくなつかれ、難しい年頃の大きい男の子たちからも尊敬を集めているとか。彼女の一生懸命さがスタッフや子どもたちの心に届くことを祈りたいと思います。

総会のあと、数々のマザー・テレサ関係の映画を制作されている千葉茂樹監督を会場にお招きして、ドキュメンタリー映画 「今ここに愛の軌跡 / マザー・テレサ」の上映会と監督の講演会をいたしました。定員を超えるお申し込みをいただきましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。千葉監督のユーモアに富んだ、それでいて何とも温かなお話しに、参加者は皆じっと聞き入っていました。
印象に残ったお話しがあります。海外から沢山の孤児を預かり養子として自分の子どもたちと一緒に育てている、あるベルギー人の養母に、千葉監督はこう意地悪な(?!)質問をされたことがあるそうです。「もし、子どもたちが目の前で溺れそうになっていたら、自分の子どもと養子と、まず先にどちらを助けますか?」と。するとその方はこう答えたそうです。「へんなことを聞きますね。当然近くにいる子から先に助けますよ。」
私たちには、このベルギー人のお母さんのようにすごいことなど到底できません。でも、縁あって私たちの息子や娘になってくれた「レインボー・ホーム」の子どもたちを、これからもずっとずっと見守って行きたい!千葉監督のお話しを聞きながら、そう気持ちを新たにしました。

レインボー国際協会 事務局 宮﨑千里

                                                

« ワールドカップ開催!!そして世界の子どもたち | トップページ | レインボー国際協会総会・マザーテレサ映画上映会・講演会そして… »

コメント

映画会と講演会の報告ご苦労さまでした!。当日の様子が良く分かりました(^^)。
もしかして、もしかして、講演が録音されていたら嬉しいの・で・す・が・・・・。
ともかく、手配、準備、当日の運営はさぞかし大変だったでしょう。
本当にご苦労さまでした!。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553198/48717154

この記事へのトラックバック一覧です: 総会・マザー・テレサの映画上映&千葉茂樹監督講演会:

« ワールドカップ開催!!そして世界の子どもたち | トップページ | レインボー国際協会総会・マザーテレサ映画上映会・講演会そして… »